酸洗いならではのメリットはこれ!

焼け跡や錆を取り除くために酸洗いは必要です

金属に熱処理やロウ付けを行うと、焼け跡や錆などが付いてしまう事があるのですが、それを拭き作業などで取り除こうとするのは止めておきましょう。
綺麗に加工したつもりの金属に小さな傷が付いてしまい、そこから錆が発生しやすくなったり、水に弱い金属を作り出す事になりかねません。
焼け跡や錆を取り除くために理想的なのは酸洗いという手法で、メッキの前処理として酸洗いが行われる事が多いです。
もしメッキの前処理として酸洗いを十分に行っていないと、メッキが上手く密着してくれなくなり、金属の寿命を大幅に縮める事になってしまいます。
表面を綺麗にする事によって、見違えるような輝きを作り出せますから、酸洗いの効果は一目で確認する事が可能です。

工業製品の錆を落とすために酸洗いが最適

古くなってしまった工業製品を洗浄する際には、細かいところまで錆が取れるように注意しなければ、大事故が起きる事に繋がりかねません。
ネジやボルトに少しばかり錆が付いてしまっているせいで、上手くネジが噛み合わなくなってしまい、ちょっとした衝撃でネジが外れてしまう場合もあります。
そんな事故を減らすためにも酸洗いは活用されており、ネジの隙間など手作業では錆を完璧に落としにくい部分も、スムーズに綺麗にする事が可能です。
その綺麗になったネジを使って、工業製品を組み立てているだけでも、以前よりもネジがきっちりと噛み合っている事が分かります。
人間の手で錆を落とそうとしても洗い残しが出てしまったり、一部だけ表面が削られてしまったせいで、事故が起きる可能性もあるので気を付けてください。