酸洗いの特長を解説!

酸洗いはどんな目的で行われているか

表面処理を行うのが酸洗いです。いくつかの目的で行われますが汚れや溶接スケール、不純物などの除去が目的となっており品質の向上につながります。チタンやステンレスなどの非鉄金属製品の場合、最終工程が酸洗いとなっていることも多いです。
次に加工処理を行う前に下処理として、酸洗いが行われることもあります。塗装工程やメッキ工程の下地処理で酸洗いをすることで密着が良くなり、ざらついた仕上がりになるのが特徴です。切削時やショット加工で表面を処理する際にも有効な方法となっています。ステンレス製品に表面被膜を形成するためにも、酸洗いが有効です。不動態被膜が作られるので、ステンレス本来のさびにくい素材に戻すことが可能です。

酸洗いはどんなメリットがあるか

酸洗いのメリットは、比較的安価にステンレスを均一な状態に戻せることです。ステンレスそのものが空気と反応するので溶接焼けやサビを薄皮を剥ぐようにして落とすことができ、物理的な応力がかからないので歪が起こらず製品にも問題が発生しません。酸洗いを行った後は水洗浄を施してから製品にすることもあります。
酸洗いを行った後の金属は表面が腐食しやすくなっています。そのため、サビを防ぐ処理を素早く行うのが重要です。また、酸洗いを行う場合は塩酸や硫酸などの薬剤を取り扱うことになるので安全対策を行いましょう。作業をする際の事故防止に努めるのが大事です。さらに、酸洗いを行った後の排水はきちんと正しい方法で処理する必要があります。

酸洗というのは、金属の表面に付いた汚れや不純物全般を、酸性水溶液などにつけて除去する作業のことです。