どんな工程で行われるの?酸洗い

職人芸的な技術が求められる酸洗いの概要

金属の種類に応じて使用する酸の種類・濃度・混合比などを決定し、金属素材の美しさを引き出しています。更には、金属を酸に浸す時間帯まで細かく設定しなければ、酸処理による効果を得られず、金属表面の適度な融解が発生しません。
素材の表面に凹凸が生じたり、製品そのものの原型を失ってしまう危険性もあります。素材の過剰な融解を抑制する阻害物質、素材表面の汚れによる影響の軽減を図る界面活性剤なども併用するケースが一般的です。金属の中には、酸処理によって水素を吸収し、強度が著しく低下するものもあります。酸洗いは単純な作業と思われがちですが、素材のコンディションを観察しながら正確かつ緻密に作業工程を進めるテクニックが必要不可欠です。

一手間掛けた丁寧な作業が欠かせない酸洗いの工程

酸洗いを始める前には、仕上がった製品にムラが出来ないように配慮しながら、素材を丁寧に並べる作業が欠かせません。酸が素材全体に行き渡ることを想定しつつ、慎重に行う必要があります。次に、脱脂効果がある液体に浸し、素材表面の付着物を除去します。水洗によって不純物を落とした後に本番の酸洗いが始まります。酸が入っている槽へと素材を慎重に投入し、浸漬させます。酸洗い終了後には、高水圧機器で洗浄します。神経を集中させて小さな隙間に酸が残らないように水洗を行っています。更に、水洗いを行って、より一層に美しいく仕上げています。丁寧な水洗いの後、気候環境や素材の性質に応じて乾燥の工法が選定されています。
最終検査として職人による目視検査を行い、ムラのない製品の梱包・出荷へと繋げています。

リン酸処理とは、メッキの手法の一つです。金属の表面にリン酸塩を用いて被膜を作ることで、腐食に強い製品を作ることができます。また塗装前に処理を行うことで、塗装をはがれにくくする効果もあります。